作者別: climatenotes

画像素材とクリエイティブコモンズライセンス

画像素材には著作権というモノがある事に注意しましょう。それは個人の写真などでも同様で、この著作権については細心の注意を払う必要があると考えておく必要があります。最近はSNSや動画投稿サイトなどで盛んに写真や様々な画像が使用されることになっていますが、自分が創作したものではなく、他人のものを使用するという場合には、この著作権が常に問題になる事を知らなければなりません。
但し、クリエイティブコモンズライセンスという明記がある場合には、これは著作者が著作物の適正な再利用を認めているという事になりますから、これを利用することは出来るようになります。それでも、その再利用にあたっては公序良俗に反することが無いなどの事もありますから、何にでも使用してよいというわけでは無いという事は注意しておきましょう。最も公序良俗に反するというモノは、どんなものであっても公開しないというのが、ネットなどを利用する時のマナーという事にもなるのですが、現状ではこのマナーがなかなか守れない人が多いという事にもなっています。
何しろマナーを守っていないものの方が、普段は見られないものを見ることが出来るという事になるので、注目を集めやすいという事にもなります。ですが、当然こうした行為はマナー違反ですからすべき事ではありません。
また、クリエイティブコモンズライセンスには、様々な条件がある場合もありますから、これについても利用する時には知っておいた方が良いでしょう。商用利用は不可であったりするケースもありますから、趣味としての利用のみを許可するという事もあるわけです。ですから、人様の著作物を使用するという時には、その著作者の権利を侵害しないという事を考えて利用することか必要になるというわけです。当人への連絡が必要というような事があるのもその為ですから、何でもネット上にあるモノは利用してよいというわけでは無い事に注意しましょう。

写真素材をフリーでダウンロードできるお勧めサイト

自分でホームページを制作している人も多いかと思われますが、ホームページに訪れた人にはアクセスして良かったと感じて貰えるための工夫が大切です。例えば、アクセスしてくれたユーザーが求めていた情報をしっかりと伝えることができるコンテンツ作りが行われていること、このサイトは便利なのでお気に入りに追加しておきたいと感じて貰えるなどが挙げられます。

ホームページに写真や画像を使うことでアクセスしてくれたユーザーにきれいなホームページであり、コンテンツも充実しているので他の人にも教えて挙げたいなどと思わせることも可能にします。自らが撮影した写真をサイト内にアップするのも良いですし、イラストを自ら作成してサイトに最適な画像を貼り付けることも良いでしょう。しかし、イラストを制作するとなると絵心が必要、自分はあまり絵が得意ではないので集客力を持つホームページ作りは難しいと感じてしまう人も多いと言えましょう。

こんな時に便利なのが写真や各種画像のフリー素材を提供しているウェブサイトを使うことです。フリー素材は文字通り無料で利用ができる写真や画像コンテンツで、作者に対してコメントを入れておけば自由に使うことができます。中にはコメントなどをせずに自由に利用することができるものもありますが、自らのホームページにコンテンツを利用して、今まで以上の反響が起きた時には作者に一言お礼を言うようにしましょう。

また、無料素材以外にも、有料のコンテンツを多数用意しているウェブサイトもあります。こうしたサイトの中にある写真や画像素材はいずれも品質が高いものであり、中には有名なデザイナーが制作した作品も用意してあるので、ホームページの背景に画像を使う、トップページのアクセントに雰囲気が合う写真を選んで貼り付けるなどがお勧めです。特にトップページはユーザーが最初に到達するウェブページですから有料の素材でも魅力あるコンテンツを用意しておけばリピート率も高くなるなどお勧めです。